テーマ:メンテナンス

酷暑の果てに

皆さん、この記録尽くしの夏を無事にお過ごしですか? 当店は冷房設備が無くお客様にはご不便をお掛けしていますが、 私共は外気温で汗を流すほうが心地よかったりします。 とはいってもこの暑さですから、作業の効率は落ちてしまいます。 上の写真は当店に入庫した車両の仕上げに使用している 「マザーズ」というアルミ・メッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガソリンタンクの内部を見たことはありますか?

先日納車整備中、カワサキGPZ400Rのガソリンタンクの 錆取りをしていたところ、思いがけないトラブルが発生しました。 タンク内部の錆はほとんど除去でき、 いよいよタンクを取り付けガソリンを注ぐと、ある一定の量を超えた 時点から給油口脇のフローパイプからガソリンが漏れて来てしまいました! ということは、内部を通っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガソリンタンクの水抜き穴

ご無沙汰しています。 今回は久しぶりにメンテナンスのお話です。 ガソリンタンクには、ガソリンを入れすぎ吹きこぼれた際に それを逃がす穴が空いていることをほとんどの方はご存知かと思います。 (下の写真でいうと給油口の右下部) 当店では納車整備時に必須項目として、 この水抜き穴が貫通しているかを確認しています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リア周りのがたつきを修復

先日ご成約頂いたGPZ750(写真)の最終整備中に 行なった作業をご紹介します。 約30年が経過している立派な旧車であるこの一台は 全体的な程度は良好で、通常通り納車整備を進めて いましたが、その中でリア周りに異常を発見しました。 取り回しの際、リア周りにがたつきがあり、 どうも思わしくありません。 当…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

車体の軋みを取り除く

この度ご成約頂いたYB11(写真)を整備する中で 興味深い事例があったためご報告します。 車両は走行少なく非常に程度良いのですが、 一通りの整備を終えたところで、 リアサス周りから軋む(きしむ)音が出てきました。 車体に跨ってストロークさせるとギシギシと嫌な音がします。 これでは到底お客様に納車はできない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バッテリー新時代

先日DB2を納車する際にお客様から取り寄せ依頼があった バッテリーの性能があまりにも素晴らしかった為ご報告します、 SHORAIというアメリカ製メーカーのリチウムイオンバッテリーは、 既存商品の概念を根底から覆す性能を有しています。 まず、驚くべきはその圧倒的な軽さです。 詳しくはリンクでご確認頂きたいのですが、 リ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

リアサスオーバーホールの勧め

先日写真のTRX850を納車させて頂きました。 この車両のリアサスは完全に抜けていたため、 普段お世話になっているMHプロダクツさんに自分のレーサー用リアサス と共にオーバーホールをお願いすることとなりました。 完全にリアサスが抜けてしまった車両がどういった動きを示すかを ご存知の方は少ないと思います。 そこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンスター900 納車整備

今週はご成約頂いた車両の整備・登録・車検と慌しく動いていました。 その中で印象的だった整備をご紹介します。 写真のモンスター900は古きよきドゥカティーの雰囲気を残す、 トルクフルで味わい深い一台です。 この車両、給排気はノーマルで今まで何の不具合なく走行できていたのですが、 最終試乗中に低回転でアフターフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2台の2スト不調車の結末

最近2スト車で2件、不調車を修理していました。 一台は初期型のRZ250(4L3)。 個人売買でご購入され、片肺の症状がひどく持ち込まれました。 まずはキャブの清掃です。ジェット類は新品に交換し、 ボディーはキャブレタークリーナーに数日漬け込み、これならば! というところまでやったのですが、改善されず。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アプリリア ペガソ650 整備

ここ数日は9Rカスタムの仕上げ、他車両整備で忙しくしていました。 本日は上の写真、アプリリアのペガソ650の整備ご依頼がありました。 ロータックス製650シングルエンジンはアプリリア流の洗練された味付け。 滑らかで軽やかなハンドリングは走る場所を選ばない、非常に優れた 一台です。 日本ではどうしても「大型ならば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グース納車整備で学んだこと

先日お伝えしたグースのキャブセットには続きがありました。 ある程度のセッティングが出て、さあ最終調整と思っていると、 走るたびに調子が悪くなってきます。 再びキャブレターのセッティングを30通りほど試しますが、 一向に良くなりません。 ご成約頂いたお客様にも納車が遅れる旨を伝えて原因を探します。 (このままお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラグ交換の一日

本日はバリオス、ZX-9R、FZR400RR、3台のプラグ交換を中心に作業していました。 3台共に直4、レプリカ系と作業が難航する予想は的中しました。 まずはバリオス。この車両はエアクリがほとんど取り払われていたので、 さほど時間は掛かりませんでしたが、その後が、、、。 ZX-9Rはご存知の通りラムエアダクトが装着さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天寿を全うしたタイヤ

写真は完全に消耗したBT601の姿です。 サーキットでサイドが完全に消耗した後、 今度は街乗りでセンターを使い倒すとこうなります。 ホイールから外した後のタイヤは、601とは思えないほどにヘニャヘニャに なっていて、すがすがしいほどです。 当店では主にバイク便の方を中心に装着しているレース用中古タイヤは、 グ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V125の新車時装着タイヤについて

驚異的なヒットを記録したアドレスV125。 コンパクトなサイズと鋭い加速、手頃な価格で瞬く間に 街に増殖しました。 写真はそのアドレスV125のFタイヤです。 この状態で走行は何キロに見えますか? 正解は9000キロです。 私共のお客様にも新車でV125をお出ししました。 そのお客様いわく「何かたいした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目からウロコのメットイン

先日納車したピアジオ社のGTS250IE。 コンパクトなサイズと強力なエンジンで人気の アーバンスクーターです。 このスクーターの整備をしていて大きな驚きがありました。 写真はGTSのメットインです。 ヨーロッパのスクーターは、国産車に比べメットイン部に 蓋が付いていたり、外しやすくなっている車両が多いのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンクの錆取り

ある程度時間が経ったバイクのガソリンタンクは錆びやすく、 厄介なものです。 自動車は殆どがポンプでガソリンを吸い上げる構造に対し、 タンクが上にあるバイクは燃料から錆が入り込みやすい宿命を持っています。 欧米のモデルはポリタンク製が多く見られるのですが、 高温多湿の日本製には何故かその殆どが鉄製です。 錆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V-Max修理

先月お渡ししたV-Maxが点火不良のため修理となりました。 それまでは全く問題なくとても調子の良い一台でしたが、 いきなり火が飛ばなったので、電気系を疑い原因を調べます。 プラグに火が飛ばなくなる理由は様々です。 CDI(イグナイター)、イグニッションコイル、ピックアップ等。 ちょうど当店に同じ年式のV-Max…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイヤを細くしたことはありますか?

ご成約頂いた車両の整備時に、お客様とタイヤ交換について ご相談すると、大抵の方から「太いタイヤにしてもらえませんか?」 と尋ねられます。 「太くて黒いもの」に憧れる男の性でしょうか? 私は必ずそれを断ります。 なぜなら、本来のバランスを崩すばかりか、デメリットだらけだからです。 1、タイヤ接地面積の増大による走行安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原付を仕上げる

昨日から今日に掛けて、近所のお客様に頼まれていた 原付を一台仕上げました。 車両はアドレスV100。言わずと知れた究極の「脚」スクーター。 今まで8年の間に一台も触った事のない1台です。 外装が汚いものはきれいにすればいい。 肝である車体とエンジンがしっかりした物を仕入れ、 外装の手入れ・仕上げ・消耗品の交換…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレーキのフィーリングに疑問を感じたら

昨日は先日納車したV-Maxが戻ってきました。 原因はFブレーキのタッチが悪く、滑らかに止まれないとのことでした。 納車時には感じられなかった症状でしたが、 お電話で話を聞く限りでは、マスターシリンダーの内部が磨耗し、 タッチが悪くなっていると判断し、写真のパーツを用意しました。 この筒状のパーツが劣化してくる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラグの大切さ

昨日はハスクバーナ、ZZR、ラベルダの整備調整を行い、 ご成約頂いたSR400の納車を行いました。 話は変わりますが、ガソリンエンジンには欠かせないプラグのお話です。 当店では納車時に全ての車両のプラグを新品にしてお渡ししています。 ご存知の通り、混合気に点火して力を得るために不可欠なプラグは、 劣化・磨耗する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2スト整備の難しさ

昨日より業務再開いたしました。 引き続きよろしくお願いします。 昨日は先日納車したTDR250の修理を行いました。 納車までは絶好調だったのですが、10数キロで灯火類が暗くなる トラブルでお客様がお戻りになりました。 エンジンを掛け、電圧を測ると6v程しかなく、 レギュレーターを新品に交換することにしました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偏磨耗したタイヤは

今日はご成約頂いたCRM250のタイヤ交換を行いました。 写真ではやや分かりづらいと思いますが、滑らかな円形を 保てていない偏磨耗した状態です。 偏磨耗は、様々な要因によって引き起こされるものですが、 自然なハンドリングの妨げになり、非常に危険な状態です。 コーナーの進入で滑らかに進入できない場合、 空気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレーキフルードの大切さ

メンテナンスのお話です。 当店では車両お渡し時に全車ブレーキフルードを 入れ替えています。 写真は先日納車した、昨年新車登録されたゼファーのリアフルードの様子です。 新車であっても経年劣化でご覧の通り、コーヒー色に汚れてしまいます。 (ちなみに新品は透明、この車両の走行は2000キロ) 劣化が進めば本来の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新車のタイヤを疑え!

2/4輪問わず、残念ながら新車に装着されているタイヤは、 本来の性能を持っていないようです。 例を2つ挙げます。 1つ目は自分が乗っていたバモスホビオ。 乗り初めてすぐに感じたのが、「止まらない」。 始めはマスターやパッドを疑っていました。 そのうち、3000キロも走らないうちに常識的なスピードで コーナーリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足回りに注目!

公道で走るバイクで足回りにお金を掛ける人は少ないのではないでしょうか? タイヤは横も減っていないし、動くのに支障はないし、、、。理由は様々。 しかし、タイヤはセンター部の山が無ければ直進安定性が失われ、 ブレーキング時に本来の制動距離で停止してくれません。 スプロケットやチェーンが本来の機能を果たしていなければ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マフラーの音量が気になる方に

今日はご成約頂いたSR400とZX-9Rの予備検査を受験していました。 SRはノーマルマフラーなので音量に問題はありませんでしたが、 9Rは社外品が付いており、音量が大きかったため対策を施して臨みました。 写真は100円ショップで購入できる台所用品のスチールたわしです。 これをサイレンサーの手前に4-5個詰めると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレーキキャリパー

本日は、ご成約頂いたバンディットの整備、 同じくご成約頂いたFZ400Rの車検取得準備に追われていました。 写真はバンディットのFブレーキキャリパーです。 街乗り車ではたまにあることなのですが、 ブレーキパッドの交換作業に入る前にピストンの動きを確認したところ ダストシールが浮き出てきてしまいました。 こうな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フロントフォークオイル

昨日は、成約が決まったFZ400Rのフロントフォークオイル及びオイルシールの交換を行いました。 オイル漏れがある正立フロントフォークのオイルは、雨水等で変色し濁っている事が多く (特にサイドスタンドで傾く左側が顕著です)、サスペンション本来の動きが妨げられている事がほとんどです。 規定量の新品オイルと新品シールを組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空気圧

皆さん、お乗りのバイクの空気圧はいつチェックしましたか? 常連のお客様から電話があり、タイヤがパンクしたので 車両を引き取りに来て欲しいとの依頼があり、車両を確認したところ、 空気圧不足により異物を踏みパンクしたようなのです。 通常の空気圧であればなかなかパンクしないような細い物であったので 間違いないと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more