いたずらをするスイッチ達

画像


先日納車したTZR250(写真)ですが、その前に不具合に遭遇していました。

エンジンの始動性、調子は良好。

しかし、高回転に差し掛かるといきなり回転が落ちて
全く吹けなくなってしまうのです。

最初はヤマハお約束のレギュレーターを疑ったのですが
どうも違うようです。

回転が上昇する⇒振動が増える⇒どこかのスイッチが
邪魔をし電気がカットされる という仮説に行き着きました。

車両には様々なセンサーやスイッチが取り付けられています。
今回手を加えたのがサイドスタンドスイッチでした。

スイッチのカプラーを外しその2本の線を直結します。
(常にサイドスタンドが上がっている状態にする)

この結果、振動が増すに従って本来とかけ離れた状態となり失火していることが
判明し、症状は解決しました。

他にもニュートラルスイッチやキルスイッチなど、
本来の状態を維持できなければまともに作動しなくなるケースがあります。

ある程度の時間を経過した中古車ならば是非点検したいところです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック