テーマ:WGP

富沢祥也選手、その輝きは流れ星の如く

今年のグランプリで最も心ときめかせてくれた富沢祥也選手。 ご存知の通り昨日の決勝レース中の事故で帰らぬ人となってしまいました。 トップに立った序盤からリアタイヤが外に出る傾向があり、 他のライダーが取れるラインを徐々に外すようになっていた最中の出来事でした。 思わず目を背けたくなったインパクトの瞬間。 あのバレ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

不可能を可能にする男

(C)MotoGP.com 先日のドイツGPでまさかのバレンティーノ・ロッシの復活が見られました。 開放骨折により通常であれば数ヶ月要する復帰までの時間を 僅か1ヶ月あまりでカムバックしてきたのでした。 もちろんイタリアのスーパースターですから、 各方面からの最大限のサポートがあったことは間違いないでしょうが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No Vale, No MotoGP

(C)MotoGP.com 言わずと知れた2輪レース界のスーパースター、バレンティーノ・ロッシが 怪我により数戦欠場する事態となっています。 自分が世界選手権を見始めた1980年代前半から考えても、 彼はその半分以上を走り続けていたことになります。 あの超人的な速さを15年に渡って支持し続けてきた 彼の偉大さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Moto2、新設されたクラスに興味は尽きず

C)MotoGP.com WGPにおける、昨年までのGP250に変わって新設された中量級クラスが、 Moto2クラスです。 ご存じない方のために簡単に説明すると、 1、ホンダCBR600RRのワイメイクエンジンである 2、ダンロップのワンメイクタイヤである 3、シャーシが自由に設計できる この3点が大きな特徴の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「8年のサイクル」は巡るのか?

(C)MotoGP.com 先日のドイツGP、250ccクラスでまた青山選手が頑張りました。 一昨年は優勝している相性のいいコース。 明らかにトップスピードで劣るマシンをよくあそこまで走らせるなと ただただ感心です。 今年の青山選手、ブレーキングの鋭さ、コーナーリング中の マシンの安定感が素晴らしく、それがこの好…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ラグナセカの青い空

先日のアメリカラウンドは、面白いバトルを期待していたのですが、 ホンダのエースがトップに立つとつまらなくなる典型的な展開となりました。 今回は私がラグナセカを訪れた2005年のお話です。 90年代初頭に安全性の理由から開催されなくなった USGPが復活したのがこの年。 あのコークスクリューを一度は見てみたいと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青山選手の志

(C)motoGP.com 先日のカタルニアGP、青山選手がまたやってくれましたね! あのトラブルがありながら2位フィニッシュ。バウティスタとのポイント差を 最小限で食い止められ、次に繋がる大切なレースとなりました。 今年は彼が250の中心人物であることを見せ付けるレースが多く、 誇らしい気持ちにさせられます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Flag to flag

(C)motoGP.com 先週末のイタリアグランプリは、大荒れでしたね。 今年は本当に天気に恵まれないシーズンです。 ムジェロは行った事がないのですが、周りの環境といい、 サーキットのレイアウトといい、とても満足できそうなので、 是非行ってみたいサーキットの1つです。 数年前から始まったフラッグトゥーフラッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルコメランドリ

(C)motoGP.com 一流の選手が久しぶりに輝きを放ってくれました。 マルコメランドリ。ロッシの後継者と言われ活躍が約束されていたライダーでしたが、 昨年のドゥカティ移籍後低迷。今年のカワサキワークスの撤退によりトップライダーとして 活躍するのは難しいと思われました。 しかし、今年は序盤からコンスタントにポイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Beau Riverge

今週末はWGPフランスラウンドです。 ダイナミックなレイアウトが印象的なコースですよね。 そして今は亡きノリック選手が得意としていたサーキット。 私は以前から、そのグランプリの行われる地方のワインと料理を友にTV観戦するスタイルを取っています。 (ワインがおいしくない地域はビールですね!) 写真はボルドーワイン…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more