テーマ:街乗りバイク

東京モーターショーの注目車両!

今後の二輪車の新たな潮流を感じられそうで、 久しぶりに東京モーターショーに出かけてきました。 スズキとカワサキが発表していたターボエンジンは 4輪車では主流になりつつある手法ですが、 一度ターボ化を断念した経緯のある二輪車で改めて 挑戦する姿勢がとても興味深く、今後の主流に なってゆく気がしました。 今回の二輪車で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州車の合理性

長い歴史を持つ欧州車に触れる度、 その優れた合理性に思わず納得させられることが多々あります。 以前ご紹介したベスパのメットイン (シートでロックされるので固定するボルトが1本も無い) や、2ストオイル残量が一目で分かる窓 (警告灯等が不要)など、 不要な部品を減らし機能性を高める工夫が随所に見られます。 今回はドゥ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

小排気量車にもラジアルの時代

今年から参戦を始めたSSKillersで新たな発見がありました。 使用している車両はSDR200。 1987年の車両であり、当然バイアスタイヤの指定。 そして105kgという軽量車。 「軽量な小排気量車はバイアスが適当」という今までの感覚で、 走り始めは妥当と思われるバイアスタイヤをチョイス。 感触は悪くは無…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

究極のツーリング

先週頂いた夏休みを利用して、 いつかはやってみかった「究極のツーリング」 を実施してきました! 群馬県は草津温泉から近い野反湖沿いの温泉宿に宿泊、 そこまではトランポで移動。 そこからのワインディングをバイクで走るというものです。 退屈な途中の道は車で好きな音楽を聴きながら移動。 その後は、木漏れ日溢れる夏…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

最近の250スポーツバイクに思うこと

先日常連のお客様がCBR250R(新型・コンプリートレーサー仕様) の整備にお越しになり、ラップタイマー取り付けやその他整備を行いました。 当店ではあまり現行車を取り扱わないのでとても新鮮で、 色々と観察させて頂きました。 現代の社会事情と二輪スポーツバイクの市場を考えた際、 4ストシングルで27馬力のスペック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「バイクの日」に思うこと

昨日までお休みを頂いておりましたが、 本日より通常営業となります。 引き続きよろしくお願いします。 今日はご存知の通り、「バイクの日」です。 この日が交通安全を目的に政府主導で制定されたと 知ったのはつい最近でした。 今日は近くのお台場でイベントが開かれていたようなのですが、 休み明けで庶務が溜まってお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灼熱の車検取得

本日はご成約頂いた車両の車検取得に行ってきました! 当店から一番近い品川陸運局は、お盆前なので いつもよりも込んでいる印象。 噴出す汗を拭いながら車検のラインへ。 この季節、一番困るのが水冷車の水温上昇により ラジエターのファンが回ることによる 電圧の低下が引き起こすライトの光量不足。 今回はZX10R…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「バイクに乗る」ということ

先日印象的なお客様との出会いがありました。 最近事故に遭われ、その後懸命のリハビリで 再びバイクに乗れる体となり、当店でご成約頂きました。 一番驚かされたのが、今までに複数回ガンの宣告を受け、 それを乗り越えて今に至るというお話でした。 「人間いつ死んでしまうか分からない。ならば今やりたいことに 挑戦しよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご紹介したくなるお客様

今まで様々なお客様とお会いし、 バイクに対する世界観をお伺しすることが 至福の時間である自分にとって、 思わずこの場でご紹介したくなる方が大勢 いらっしゃいました。 その中でご紹介することにご快諾を頂いたお客様が いらっしゃいますのでご紹介します! 過去にアメリカ・ニューヨークでトップモデルとして 20年近くご活…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

RX350、貴重な旧車を味わう

先日お客様の下取り車で写真のRX350に試乗する機会に恵まれました。 1970年代初頭に生産されたこの一台、初めての試乗であり、 また試乗した車両が本来の状態からどれくらいかけ離れているかは 分からないのですが、その時代の息吹が感じられ、 とても楽しむことができました。 写真から分かるように、とにかくスリムで軽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試乗を兼ねたミニマムツーリング

先日あまりにも穏やかな陽気に誘われて、近くの有明埠頭まで 往復約20キロの超ショートツーリングに従業員と共に出かけてきました。 といっても遊んでいるわけではありません。 写真の3台はいずれも納車を控えた3台。 当店では納車前に必ず試乗し、不具合がないかどうかを 確認しているので、それを兼ねたものでした。 3人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完成した2台ストファイ

ここ最近滞っていたカスタム車両の製作が、僅かな時間の余裕が生まれた為、 一気に完成まで漕ぎ着け、ここにご紹介できることとなりました。 一台目は、アプリリアのRS250。(残念ながら本日売約済です) この車両は私自身が所有していたもので、 これまでの経緯も把握しており、安心してお譲りできる一台です。 アプリリアの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローソンレプリカ89NSR250Rのオーナーは

先日写真の89NSR250Rを山梨まで納車してきました。 この一台、以前リアルタイムで試乗したことがありました。 当時はその2ストらしからぬ出力特性に違和感を覚え、 あまり好きにはなれなかった記憶があります。 しかし今回23年ぶりに試乗し、この89NSRが目指した 「滑らかに素早くパワーを路面に伝え立ち上がる」…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

最も心躍る中型スポーツバイクは?

最近の激務により更新がままならずすみません、、、。 __________________________________________ 大型二輪免許が教習所で取得できるようになり、 しばらく時間が経ちました。 輸入車・国産車共に魅力溢れるモデルが多数出揃っており、 免許を取得された方は一度は大きな車両に乗られ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Moto Naviさんの取材を受けました!

先日バイク雑誌のモトナビさんの取材を受けました。 今回が2度目となる取材の趣旨は「マニアックで程度の良い遺跡のようなバイク」 を記事にするというものです。 前回はカワサキのAR125だったのですが、 今回は写真のスズキ、GS250FW。 共に現在はなかなか程度の良い車両が無く(マニアックな車種なので余計に)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゆっくり走る」楽しみ

先日、珍しく30キロ程の道のりを、SR400で、 とことこと走り帰宅したことがありました。 フルカウルに前傾姿勢。これ以外はバイクじゃないという レプリカ世代の自分ですから、「速く走るのがバイク」 との考えが根本にあるのは否定できません。 90年代前半まであった、信号待ちで隣にライバル車が並べば 必然的に始ま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

SS900納車

江紀君ショックと最近の激務ですっかりご無沙汰してしまいました、、、。 今回は先日納車したSS900についてです。 このお客様は、自分が桶川でサーキット走行をしている際に お話させて頂いたことがきっかけで、当店に足を運んで頂くことに なった方です。 同世代でヤマハとレースが好き。 親しくさせて頂くのに時間は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

災害で感じた2輪車の優位性

今回の大震災はまだまだ予断を許さない状況にあります。 昨日も千葉の柏にいた所、二回に渡って大きな揺れを感じました。 ここ数日地震に対する恐怖心がすっかり植えつけられてしまいました。 被災された方々が一日も早く普段の生活が取り戻せるよう願って 止みませんし、自身に出来ることは率先して行動に移して行きたいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビモータDB2、そのデザインへの拘り

皆さん、明けましておめでとうございます! 今年も皆さんに少しでも「役に立ちそう」「なるほど」「へー」と 思っていただけるトピックを綴って行きます。  (通常の業務の合間に綴るため、まめには更新できませんが、、、) _____________________________ 今回ご成約頂いたビモータのDB2ジュニア。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘年会を兼ねた社員旅行

本日はあきるの市にある秋川渓谷に店のスタッフ一同と出かけてきました。 すっきりと晴れ渡り、風もない穏やかな冬晴れに恵まれ、 久しぶりにリフレッシュできました。 (若干一名水と戯れている輩がいますが、ご愛嬌で、、、) バイクショップの忘年会ということで、 原付のオフ車を積み込み、オフロードの醍醐味を満喫しながら …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MVアグスタF4プラグ交換、格闘の記録

流麗なデザインと官能的な走りで孤高の存在感を示す、MVアグスタのF4。 この度納車整備にあたり、造り込みの素晴らしさと整備性の劣悪さを 同時に体験することとなりました。 まずは素晴らしい造り込みから。 上の写真はプラグ交換のために最終的に取り外したアッパーカウルです。 少し分かり辛いかも知れませんが、裏から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

CX125、その走行性能と整備性

今回は、先日ご成約頂いたCX125の整備及び車両の走行性能についてお話します。 このCX125、まるで漫画「AKIRA」に出てきそうな近未来的デザインを有する一台で、 当時のGPマシンのデチューンにより、約20年前の125ccで36馬力という過激な 出力特性を持つ稀有な一台です。 この度整備を行うにあたり、このフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いたずらをするスイッチ達

先日納車したTZR250(写真)ですが、その前に不具合に遭遇していました。 エンジンの始動性、調子は良好。 しかし、高回転に差し掛かるといきなり回転が落ちて 全く吹けなくなってしまうのです。 最初はヤマハお約束のレギュレーターを疑ったのですが どうも違うようです。 回転が上昇する⇒振動が増える⇒どこか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突き抜ける快感、後方排気TZR250

写真はヤマハパラツイン2ストの最終進化形、TZR250(3MA)。 世界的にも極稀なレイアウトを採用した意欲作で、 当時私の憧れの一台でしたが10代の自分には高嶺の花でした。 当時の市販レーサーTZ250と同じレイアウトの後方排気、 (キャブを前に、エキゾーストを後ろに配置するもの) 市販車可するには相当の苦労があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリプルの誘惑

ご存知の通り、バイクは気筒数によるハンドリングの違いが 車以上に明確になる乗り物です。 単気筒・ツイン(並列・V・L)・4気筒(インライン・V)などが主流ですが、 3気筒の車両に乗られた方は少ないのではないでしょうか? 現存する車両で入手が容易なのはトライアンフの3気筒が主流です。 (個人的にはベネリのTnTは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デルビGP1 250 最強スポーター

数年前に発表されたスペインはデルビのGP1-250。 斬新なメカニズムと先進のデザインで話題になった一台です。 タイトルの「スポーター」はタイプミスではなく、 欧州ではスポーツスクーターを略して「スポーター」と呼びます。 このGP1はまさに250スポーターの最高峰と呼べる一台なのです。 グランプリ参戦メーカーが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

F650CS、賢い大人の選択

先日ご成約頂いたF650CSを最終点検を兼ねて試乗しました。 以前から好きなこのBMWのバイクは、 街中からツーリング、高速の巡航から長旅まで許容する 懐の広い一台でした。 ロータックス製650シングルエンジンは低回転からのトルクも 十分にありながら、8000回転まで淀みなく吹け上がる 秀逸な出来栄え。 タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WR250X、その実力を体感する

C)ヤマハ発動機株式会社 以前から気になっていたモデルである、 WR250Xにようやく試乗する機会に恵まれました。 お客様から前後タイヤの交換をご依頼頂き実現したものです。 色々と話し合った結果、純正のラジアルではなく、 バイアスハイグリップタイヤのTT900GPをチョイス。サイズは純正としました。 結果、お客様…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4L3から3XV、その進化をたどる

最近の激務のため、更新がままなりませんでした。 先日ご成約頂いたTZR250RとRZ250を同時期に試乗でき、 新たな発見がありました。 写真はご存知ヤマハ2ストの金字塔、RZ250(4L3)です。 当店からわずかの距離にお住まいの方にご購入頂いたので、 度々遊びに来て頂き、その度に心地よいパラツインサウンドを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FZR400RR(3TJ) プロジェクターライト

先日ご成約頂いたFZR400RRの車検取得のため 品川陸運局に赴きました。 ご存知のとおり、世界初のプロジェクターライトを採用した FZRは、そのデザインと先進性で大きな注目を集めました。 ところがこのプロジェクターライトが曲者なんです。 純正で35/45Wという暗さ。 検査に入ってもやはり光量不足で不合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more