テーマ:ロードレース

骨折、そしてファーステストラップ記録(SS Killers 第2戦レポート)

先日行なわれたSS Killers 第2戦のレポートです。 レース前の木曜日の練習中に転倒。 ハンドルと地面の間に左人差し指を挟み先端1センチ辺りの 骨を骨折。 そこまでの流れは良く、マシンもまずまずの仕上がり。 当日は大幅なタイムアップが望める所だっただけに とても残念な状態でレース当日を迎えます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SS Killers 第2戦 開催迫る!

以前ご紹介した桶川スポーツランドで行われる中型車をメインとした シリーズ、その名も「SS Killers」の第二戦が9/22に行われます。 このシリーズの詳細は http://osl.vc/ でご確認頂きたいのですが、見る側と走る側の距離が近く、 気軽に観戦・参戦・体験ができる敷居の低さが魅力です。 観戦は無…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新しい挑戦 その2

まさかこの車両でレース参戦することになるとは、、、。 桶川スポーツランドが提唱する新しいカテゴリーのレースがスタートしました。 その名も「SS Killers」。 カートコースでは現行600/1000クラスを凌駕する400cc以下のミドルクラスで 行なわれる中型車のレースです。 趣旨がとてもユニーク。 ミニバイクと大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筑波選手権参戦レポート!

遅くなりましたが10/6に参戦した筑波選手権TC600クラスの レポートです。 今回もごひいきにして頂いているお客様にお手伝い頂き とても助かりました。ありがとうございます。 まずは予選。 直前の練習では強風に見舞われながらもまずまずの 手応えを得ていたため、目標である1分2秒台を目指して コースイン! 若干…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

進化するR6

7月のレースが終わってからR6の車体を少しずつ改良してきました。 来週の10/6に行なわれる筑波ロードレース選手権、 TC600クラスに参戦するための準備です。 まずはサスペンション。 1分4秒を切るまでは一切手を加えないことにしていたサスを 見直します。 リア・フロント共にフルオーバーホールを実施しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴鹿8時間耐久ロードレース観戦レポート!

遅くなりましたが、鈴鹿8耐の観戦リポートです。 今回は当店の社員旅行を兼ねての観戦でした。 その心は、、、。ずばり、「8耐の魅力を語り継いでもらう」 というものです。 この国にモータースポーツが根付くためには「歴史」が必要なのです。 35回目を迎えた国内最大のモータースポーツイベントが、 最盛期とは様変わりし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようこそR6、そしてレース参戦へ、、、

以前お話していたロードレース参戦計画が動き始めました。 参戦クラスはST600、車両は「もちろん」YZF-R6(写真)。 タイヤはピレリ、言い訳の効かない最強のパッケージです。 ベース車両を購入してから、レース仕様まで仕上げ、 筑波で初走行を開始したのが先月の初め。 この身体で果たしてハイパワーの600ccをレーシ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チェコGPレポート!

先日お伝えしたとおり1週間程お休みを頂きチェコGPを観戦してきましたので、 その様子をレポートします。 サマーブレイク明けの初戦がこのチェコGPです。 チェコ第二の都市であるブルノの中央駅から路面電車で数駅行くと、 無料のサーキット送迎バスが。 前を見ると、 「グランプリ」。胸が高まる行き先表…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

江紀君、安らかに、、、。

(C)高橋江紀オフィシャルブログ ご存知の方も多いかも知れませんが、 先月23日に全日本ライダーの高橋江紀選手が交通事故により他界しました。 先日その告別式に参列し、最後のお別れをしてきました。 レース参戦時以外は、私が参戦する桶川スポーツランドに勤務していた 江紀君。必然的に話をする機会が増えていきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WE X Japan!

(C)MotoGP.com 先週末からいよいよWGPが開幕しました。 今回の東日本の災害に対する追悼式(写真上)も 開かれ、世界の注目の高さが窺い知れます。 (C)MotoGP.com また、各マシンには「がんばろう日本」のステッカーが貼られ、 特にヤマハのファクトリーマシンにはさらに大きく表示されて…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

頑張れ航太君!

今回は以前から注目する若手ライダーをご紹介します。 日本が生んだスターライダーであったノリックこと阿部典史選手が興した チームノリックジュニア。 その発足時からの所属ライダーである野左根航汰選手は 着実に成長を遂げているのでした。 上は当時の写真で、まだあどけなさの残る風貌(一番右)ながら、 その頃から非…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more