釈然としないクラス優勝

画像


先週の日曜日(6/19)は、桶川スポーツランドで、
関東ロードミニ第三戦に参戦してきました。

今回はエキスパートクラスに参戦が集中し、
ビギナーは4台のエントリーとなりました。
エキスパートクラスとの混走という形でレースは進行します。

実はその前の水曜日にコースオフを喫し、
その転倒により頚椎に強烈な痛みを残しながらの
不安な出だしとなりました。

その予感は見事的中。
練習では47秒台で周回できていたにも関わらず、
ブレーキングからコーナーの立ち上がりで激痛が走り
ペースが上げられません。

それでも何とか予選はクラストップで通過。
タイムは前回の練習で出せた47秒台は叶わず、48.3秒。
それでも歯を食いしばってようやく出せたタイムであり、
クラス優勝という最低限の目標に暗雲が立ち込めます。

練習・予選と普段にも増して疲労が蓄積したため、
連れにマッサージを頻繁に行ってもらいましたが、
それでも痛みが引かず、たまらずサーキット内の針灸院で
ハリ治療を施してもらうことに。

そしてレースはスタート。
クラストップで1コーナーに進入しまずまずのスタートです。

1周目の1ヘアピンでエキスパートの松井選手をパス。
しかしやはりいつものペースでは走れないため、
簡単に抜き返されてしまいます。

その後はクラス2位の並木選手が背後に迫ります。
いつもであればある程度離せるペースが保てるのですが、
今回は交わされないように走るのが精一杯。
辛い12周のレースが始まりました。

常にプレッシャーを浴びながら、痛みが増す首との格闘が続きます。
それでも何とかクラストップでゴールするため懸命に走り続けます。

そして何とか一度もクラストップの座は明け渡さないまま
チェッカー。本当に長い長い12周でした。
_____________________________

ここまで苦しい戦いを終えた後に信じられない通達が。

「ビギナークラスは不成立のため表彰は無し」

耳を疑いたくなりました。

今までは不成立であっても台数により1位(または2位まで)を
別表彰としていたにもかかわらず、それが取りやめに。

何のために自分はここまでして走っていたのか?

「台数が集まらないため不成立」というのなら、
エントリーフィーは返還されるべきであって、
それを徴収してレースを開催するなら
クラス優勝を認め表彰はすべきではないか?

首に残ったひどい痛みと共にいつまで経っても釈然としない
思いが残る消化不良のレースとなりました。
_____________________________

しかし、気持ちを切り替え次は堂々とトップでチェッカーを
受けられるよう精進します!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たまち
2011年07月04日 12:50
何だか酷い話しですね・・・
不成立なんて出走前からわかってたんでしょうに
お金目当て以外の何物でもないですね・・・
賞品や賞状が無くても、表彰台でおめでとうくらい言えそうなものですけどね・・・
レースの裾野を広げる役割があるわけですから
運営サイドにはもっともっと頑張ってほしいです。
管理人
2011年07月04日 18:30
たまちさん、いつもありがとうございます!
前回はコメントできずすみません、、、。

たまちさんのコメントに気持ちが癒されます。
まあ、サーキット側にも色々と事情があるでしょうから、
気持ちを入れ替えて楽しみます!

またお時間がある時に遊びにいらしてくださいね!
(簡単な休憩スペース、ご用意させていただきました、、、)
初心者
2011年07月18日 15:35
記事に関係ないコメントで失礼します。
CRM50の記事を拝見して、お聞きしたく書き込みしました。

CRM50のデフォルト状態で全面白の外装にすることは可能でしょうか?(記事では黄色ですが)
管理人
2011年07月20日 19:43
初心者様 お問い合わせありがとうございます。
CRM50は全面白の外装にすることは可能です。
詳しくは当店にお電話頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック