「ゆっくり走る」楽しみ

画像


先日、珍しく30キロ程の道のりを、SR400で、
とことこと走り帰宅したことがありました。

フルカウルに前傾姿勢。これ以外はバイクじゃないという
レプリカ世代の自分ですから、「速く走るのがバイク」
との考えが根本にあるのは否定できません。

90年代前半まであった、信号待ちで隣にライバル車が並べば
必然的に始まったシグナルグランプリはその世代を象徴していました。
(今の若い世代からは「ネタですか?」と聞かれそうですが、、、)

今でも街中をバイクで移動するのは時間を短縮するためであり、
ご購入頂いた車両の試乗は全開にして違和感が無いかを確認。
サーキットでももちろん全開。ツーリングに行ってもやはり
コーナーをがっつり貪ってしまう自分。

まさに「風の如く走り抜ける」ことが喜びの自分にとって、
「ゆっくり走る」という文字は自分の辞書には存在していませんでした。

そんな中先日走った数10キロは貴重な体験でした。

もちろん加速がそれほど鋭くない車両ですし、
その日通った道がすり抜けし辛いものであったことも影響していますが、
60キロ前後で滑らかに走っていると、新たな発見がそこにはありました。

ゆとりある回転数(速度)で生まれる余裕。
それによりエンジンの鼓動感を味わったり、ゆっくりと流れる景色を楽しんだり。

とかく急ぎがちな日常も、こんなひと時があればリフレッシュ
できるものなのだと痛感させられた一日なのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たまち
2011年06月13日 14:51
お久しぶりです~^^;
お伺いしようと思いつつ、
いろいろ有ってなかなか時間が作れないです~
フロントのエア抜けが早い気がしてて
ちょっと気になる今日この頃・・・

ゆっくり走る・・・
いいですよね~
同じく、レプリカ世代ですから
全開以外ないタイプですが
たまに、ゆったり流してみると
結構気持ちいいんですよね~

まぁ、しょせん2ストレプリカですから
そのゆったりも、端から見れば結構なスピードなのかも知れませんが・・・^^;

どんなバイクでも、バイクなりのゆったりは気持ちいいですよね^^

この記事へのトラックバック