折れない・曲がらないクラッチレバー

今回は自分のレーサーに装着した優れものをご紹介します。

画像


写真はZETA(ジータ)の「ピボットパーチ FP」と呼ばれるクラッチレバー及びホルダーです。
http://www.dirtfreak.co.jp/products/zeta/index.html

今まで数限りない転倒によりクラッチレバーとホルダーの間に隙間ができ、
非常に不快な操作性だったため、新規導入となりました。

画像


このレバーの優れたところは、美しい仕上がりと良好な操作性、
ハンドルとの取り付け部がボルト一本で簡単に取り外せる等ですが、
最大の魅力は上の写真のように転倒時に前方に
レバーが折れ曲がり破損を防ぐところです。

普通可倒式といえば上下に曲がる物を想像しますが、
このように前後に曲がることが本当に効果的なのか僅かな不安がありました。

しかし、装着初日に早速効果が、、、。

画像


写真は左にスリップダウンした後のレバー先端です。
曲がるわけでも折れるわけでもない、僅かな擦り傷が付いただけで
済んでしまいました。
(車両や転倒の状況によって変わると思われます)

クラッチが操作できずにリタイアに追い込まれるレースシーンはもちろん、
待ち乗り車であっても万が一の備えとして十二分に有用なパーツなのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たまち
2011年02月17日 03:15
ぉお!!(゚ロ゚屮)屮
確かめられて良かったと言うべきなのか・・・
ちょっと微妙ですが
すごいパーツなのは理解ですね~^^;
お身体は平気でした?
管理人
2011年02月19日 21:09
たまちさん、いつもコメントありがとうございます!

明日はレース日です。

桶川のHPでライブ中継もするそうですので、
よかったらご覧になってくださいね!

この記事へのトラックバック