MVアグスタF4プラグ交換、格闘の記録

画像


流麗なデザインと官能的な走りで孤高の存在感を示す、MVアグスタのF4。
この度納車整備にあたり、造り込みの素晴らしさと整備性の劣悪さを
同時に体験することとなりました。

画像


まずは素晴らしい造り込みから。
上の写真はプラグ交換のために最終的に取り外したアッパーカウルです。
少し分かり辛いかも知れませんが、裏から見るとカウルステーが一体化
されていることが分かります。

これにより軽量化はもちろんのこと、ステーを使わずにカウルが固定できるため、
デザインの自由度が増しています。

そして本題のプラグ交換です。
下の写真にあるように、アンダーとアッパーカウルを外す必要がありました。
何故なら、プラグキャップ上部にトラス状に組まれたフレームがあり、
またその近くをラムエアダクトが通っているため、この状態にしないとプラグホールに
到達できません。

画像


画像


今まで経験した中で最長の作業時間となる約1日を費やしての作業となりました。

しかし、ひとたび走り出せば官能的な極上のエンジンフィール、
最高のタッチを示す専用設計ブレーキ、しなやかながら剛性感に溢れた
車体と、まさに「走る宝石」を地で行く素晴らしい一台で、
私の記憶に深く刻まれるとても印象深い一台なのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

たまち
2010年12月24日 13:27
いつも楽しく読ませていただいています。

近いうちに遊びに行きたいと思っていますので
よろしくお願いいたします。
管理人
2010年12月25日 17:34
たまちさんはじめまして!この超不定期ブログを楽しみにして頂いているなんて本当に嬉しいです。是非一度遊びに来てくださいね。お待ちしています!

この記事へのトラックバック