突き抜ける快感、後方排気TZR250

画像


写真はヤマハパラツイン2ストの最終進化形、TZR250(3MA)。
世界的にも極稀なレイアウトを採用した意欲作で、
当時私の憧れの一台でしたが10代の自分には高嶺の花でした。

当時の市販レーサーTZ250と同じレイアウトの後方排気、
(キャブを前に、エキゾーストを後ろに配置するもの)
市販車可するには相当の苦労があったと聞きます。

事実車体を眺めると、その苦労のあとが垣間見られます。
特徴的なのはテール周り。当然のことながらエキパイがテールカウルの
中を通っているため、様々なパーツが別の場所に追いやられています。
タンデムシート下は当然全く収納スペースがなく、
バッテリー・車載工具は車体下、リアマスターカップは車体右前方に追いやられています。

さて、今までまともに試乗したことのなかったこの1台、
どのような動きを示すのか。

当車両はSP忠男のジャッカルカーボンサイレンサーが装着されています。
納車整備が終了し、MJを推奨値の220(ノーマルは180)に合わせ、いざ!

車体の動きはこの当時のヤマハハンドリングを体感でき、
1KT(TZR250)を進化させた、鋭いながらも街中でのマージンを感じさせるものです。
(3XVとは車体のコンパクトさと向き変えの鋭さに格段の違いを感じます)

さて、肝心のエンジン特性です。
250の2ストモデルをほとんど試乗してきた私にとってこの上ない驚きを
与えてくれました。

8000以下はほとんど非実用域(ジャッカルサイレンサーの特性もあると思われますが)、
しかし、5000回転辺りから「クァァァアアアアア!!!」とパワーバンドに入ろうとする
序曲が聞こえてきます。

そしてパワーバンドへ。ここからはこの車両にしかない独自の世界。
「排気管がストレートになるというのはこういうことなのか!」
と関心しきり。

「弾ける」という表現は2スト車を表すに多用される表現ですが、
この車両はほとんど「叫んでいる」感覚。
僅か数千回転のパワーバンドではあっという間に11500回転まで
吹け上がる強烈な加速が、腰をシートバックに押し付けます。

現実的に考えればこれだけ極端な出力特性は総合的な速さを得られにくいのですが、
感覚性能としてはまさに秀逸。

この車両をストファイにしてみたくなる衝動に駆られる魅惑の一台なのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック