F650CS、賢い大人の選択

画像


先日ご成約頂いたF650CSを最終点検を兼ねて試乗しました。

以前から好きなこのBMWのバイクは、
街中からツーリング、高速の巡航から長旅まで許容する
懐の広い一台でした。

ロータックス製650シングルエンジンは低回転からのトルクも
十分にありながら、8000回転まで淀みなく吹け上がる
秀逸な出来栄え。
タンクを抱え込むようなポジションは安心感があり、
手を伸ばしたところにハンドルがあり、足を出したところにステップがある
自然でありながら考えつくされた見事なバランス。

走り出すと、狭いエンジン幅、広めのバーハンと良好なエンジン特性で、
街中もひらひらと軽快に取り回すことができ、
ごく小さなコーナーであってもその秀逸なハンドリングに感嘆します。
適度な前輪加重を与え向きを変え、豊かなトルクで軽快に立ち上がる。
ストレスとラグのないダイレクト感はまさにシングル、そしてバイクの真骨頂なのです。

欧州のバイクにはこのように実用域でバイクを操る喜びに満ちた車両が多く、
その感覚性能成熟度の高さに対し、スペックで世界を席巻した日本車は遠く及びません。

とかく国内では「せっかく大型を取ったんだから」といって必要以上に
大きな(多気筒な)車両を求める傾向があります。

F650CSのような車両は、「ビッグバイクは直4」といった方にこそ
乗って頂きたい、本来の操る喜びを存分に味わえる一台なのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック